失敗は、それまで自分が描いていたージェームズ・アレンの名言

失敗は、それまで自分が描いていた理想を、
 
より洗練された実現の方向に描き直すためにあるのです。

【ジェームズ・アレン】

失敗やミスを恐れていた。

だから、

当たり障りのない

行動になっていた時期があった。

でも、そこには成長がなかった。
最初からすべてうまくいくことはない。

やってみて、

結果に対してどう次にいかせるか?

これが成長の源だと思った。

人は傷ついてはじめて
 
痛みを知り、やさしくなれる。

痛みを知らなかったら

思いやる気持ちも生まれないだろう。

失敗は、成長の肥やしになる。

経験して、失敗してからわかった言葉だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube