垣根は相手がつくっているのではなく-アリストテレスの名言

垣根は相手がつくっているのではなく、
 
自分がつくっている。
 
【アリストテレス】

相手が嫌っている。

そう思い込んでいた時、

気づいたことがある。

一番最初に嫌っていたのは

自分の方だったんだ、と。

感じたことは

言葉や表情に現れてしまう。

それが相手に伝わってしまう。

人が一番辛いことは、
 
理解されないことだ。

相手の価値を理解する。

このことを意識したら

人間関係に悩まなくなった。

何事も自分起点である。

ということを教えてくれた言葉だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube