「暗い」のではなく「優しい」-アドラーの名言

「暗い」のではなく「優しい」のだ。
 
「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。
 
「失敗ばかり」ではなく
 
「たくさんのチャレンジをしている」のだ。
 
【アドラー】

人の欠点ばかり見てしまうと

その人の良さが見えなくなる。
個性は天性。

片方の側面だけとらえると

本来の姿が見えなくなる。

そこから理解が生まれ

良さをさらに伸ばすことができる。

コインと同じように

どんなことにも裏と表がある。

ということを教えてくれた言葉だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube