苦悩はつねに-ジェームズ・アレンの名言

苦悩はつねに、

何らかの誤った思いの結果です。
 
【ジェームズ・アレン】

苦しみ悩む「苦悩」。

自分の意志に沿わない。

自分に無理をしている。

自分以外の力で動いている。

確かに、

この時ほど苦しいものはない。

また、

これでよいのか悩む。

苦悩は自分にとっての

反省と思えば、

本来の自分の意志で選択・判断が

必要なのだ。

そして、

自分の意志の通り一点集中すると

苦悩から喜びとなる。

この言葉は、

苦悩は喜びへの機会と知った、

気づきの言葉だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube