昔ながらの純洋食「Kiitos(キートス)」少年時代の懐かしい味に再会!

谷町四丁目・六丁目駅周辺

2021年2月20日(日)週末の楽しみ!ちょっと贅沢グルメ。実は、この日は、大阪市中央区の飲食店食べ歩きをスタートした記念すべき日です!この日の食べたかったのが洋食屋さんのハンバーグ。

なぜか?ふと少年時代に父によく連れて行ってもらった洋食屋さんで食べた「ハンバーグ」を思い出したのです。そこで、住まい近くをgoogleで検索して、ヒットしたお店。歩いて10分とかからない場所にある「Kiitos(キートス)」さんに向かいました。

到着すると、レンガ造りの店構えに「昔ながらの洋食屋さん」という印象でした。中に入ると、テーブルの間隔がけっこう空いていて、とにかく広いフロアでした。コロナ対策かな?と思いつつ、女性スタッフに誘導されてテーブルにつきました。

メニューを持ってきてもらったのですが、ハンバーグに決まっていたので、女性スタッフがメニューをテーブルに置く前に「ビーフハンバーグランチで」と注文(^^)

隣の家族連れは日替わりランチのミックスフライかな?を食べていました。ミックスフライも美味しそうだな~と思いつつ、いやいや今日は「ハンバーグ!」と心の中で葛藤していました(笑)

最初にコンソメスープがでてきて、体が温まったところで、でてきました「ビーフハンバーグ!」

「昔ながらのデミグラスソースたっぷりハンバーグだ!」とワクワクしながら、ハンバーグにフォークをさし、ナイフでカットした一切れを口へ。「うーん、深い!濃厚~!」ザ・ビーフという食感で、食べ応えのある弾力があり、また肉汁とデミグラスソースがあいまって美味しい!

ビーフハンバーグは、デミグラスソースに3ケ月かけて作っている人気のランチメニューのようです。なるほど、ソースの味の深みは、手間暇をかけてこだわり抜いている味なんだな、と思いながら、一口ひとくちを味わいながら美味しくいただきました。

完食して大満足でした☆

少年時代に食べた懐かしいハンバーグに再会した気持ちで懐かしさを満喫(^^)

最寄り駅は、谷町四丁目
大阪府大阪市中央区徳井町1-1-7 リッツジャパン本社ビル 1F

お店の公式ホームページがありました。コンセプトは、

「“Kiitos”とはフィンランド語で「ありがとう」という意味。皆様からの「ありがとう」を大切に、老若男女問わず愛される昔ながらの純洋食を皆様にご提供できればと思っております。」

↓ ↓ ↓

洋食レストラン キートス|kiitos – 大阪市営地下鉄谷町線、中央線 谷町四丁目駅から徒歩3分

コメント

タイトルとURLをコピーしました