【ぶらり旅グルメ編】埼玉県所沢駅牛たん炭焼利久グランエミオ所沢店の牛タンの柔らかさに感動・感激!

ぶらり旅グルメ-関東編

ぶらり旅グルメ編。2022年8月21日(日)から22日(月)の1泊旅。埼玉県所沢市の帰郷編!21日夜のグルメ紹介です(^^)

前回の航空公園駅アンリー・ファルマンベーカリーのご紹介記事はこちらから

14時から弟の一回忌で、お坊さんの経とご焼香。ありがたい説教を聴いて、ひと段落つきました。「1年は早かったな」と、時の速さを感じつつ、今夜泊まる所沢駅傍のホテル「所沢パークホテル」に向かいました。

所沢で止まる際は利用しています~☆。

所沢パークホテル【公式】都内まで乗換えなし24分
所沢駅から歩いて2分ほどの埼玉・東京方面への移動に便利なビジネスホテル、所沢パークホテル。全室インターネット接続無料。ご宿泊はもちろん、ご宴会・会議などでご利用いただけます。

チェックインを済ませ少しゆっくりしてから、再び妹夫婦と合流して夕食をするため、所沢駅へ向かいます。

すっかり所沢駅も変わっていて、駅ビルになるほど大きな駅になっていますが、僕が子供のころは、駅ビルもなく瓦屋根の駅でした。変わったなぁー。

駅からの商店通りプロぺ通りも懐かしい~。相変わらず松崎しげるさんが歌う西武ライオンズの応援歌「地平を駈ける獅子を見た」が流れています(^.^)

駅ビルショップのグランエミオ所沢店の中には、ライオンズ神社?がありますねー(笑)

妹夫婦と所沢駅の改札で合流。夕食のお店を探しにグランエミオ所沢にはいります。3Fの飲食フロアを歩いていると、ショーケースの見本メニューを見て「おっ!美味しそうだなあ」と立ち止まったお店。そこは「牛たん炭焼利久グランエミオ所沢店」さんです。

宮城県が本店の牛タンのお店ですね!海鮮もあるようなので、今夜は「牛たん炭焼利久グランエミオ所沢店」さんに決めました!

外観はオープンな空間で、明るい店内です。中に入り、女性スタッフの方に案内されて奥へ案内していただきました。奥のエリアは、グランエミオ所沢の窓際になっていて、4人掛けのテーブル席が2つあります。

まずは飲み物を注文!妹夫婦は生ビール、僕はノンアルコールのキリン 零ICHIを注文(^^)。そして、最初にお刺身からスタート☆

最初にお刺身の盛り合わせです!どれもプリプリで、新鮮で、美味しいです☆豊洲市場からの直送みたいです(^^)

続いてカキフライ。タルタルソースをつけて一口。熱アツで衣サックリ、牡蠣がふっくら、ジューシー!「美味しい」です!

そこへ運ばれてきた牛たんの握り。

「旨い!」牛タンが思った以上に柔らかいです。薄くスライスされた生の牛タンの上に、それぞれおろしポン酢、からし味噌、柚子胡椒などの薬味が乗っていて、薬味と牛タンが合います☆シャリもいい感じの量です(^^)。

続いて、牛タンのたたき!「うますぎる~」。薄くカットされていますが、しっかりとした歯ごたえ。岩塩かワサビで味編。岩塩とワサビ、どっちも美味しい☆

さぁ、いよいよメインの炭火焼きの牛たん!奮発して一人一皿で注文した「牛たん極焼」です!味がついているので、まずはそのままパクっと。

うんま!肉の繊維の中から旨味が口に広がっていきます☆こんなに厚みのある柔らかくて美味しい牛タンは初めてかも~。と、感極まって感激です(^^)。塩加減もばっちり!

これは、ご飯あったらバクバクいけてしまうなあー(笑)

とうとう最後の注文がきました。

炙ったマグロの葱巻き。最後にさっぱりとする一品です!これまた美味しい☆白髪ねぎのシャキッとした触感とマグロのフワッとした触感、そして葱ソースが合う!美味しいです(^^)

そして完食!大満足でした☆

大阪にも牛たん炭焼利久の店舗があるようなので、大阪でも行こうと思いました(^o^)

最寄り駅は、西武線所沢駅
埼玉県所沢市くすのき台1-14-5 グランエミオ所沢 3F とこテーブル内

公式ホームページがありました。コンセプトは、

牛たん焼の本場、宮城・仙台に門を構えて三十年。仙台の牛たん屋として、牛たんの伝統を守り、これからも多くのお客様に仙台の牛たんをお召し上がりいただき、「おいしい」と笑顔になってお帰りいただく。まだまだ至らぬところもございますが、日々精進を重ね、より美味しい牛たんのご提供、サービスのご提供を致して参ります。

↓ ↓ ↓

牛たん炭焼 利久 オフィシャルサイト
仙台の牛たんと言えば利久!店舗のご紹介やオンライン注文での全国発送等。

帰郷旅の続きの2記事目は、こちら↓(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました