懐石料理「大乃や (おおのや)」雅やかな日本文化の味と空間に極上のひととき!

天満橋駅周辺

2021年4月24日(土)週末の楽しみ!ひとりおじさまのちょっと贅沢グルメ。この日は和食の気分。早速、和食のお店をいつものごとく、google地図検索!(^^)

天満橋方面に示された場所に行ってみることにしました。カフェの堺筋本町から少し歩くけど、天気がとてもよく街ブラしながら目的地の場所「大乃や (おおのや)」さんを目指しました。場所は、天満橋駅と谷町四丁目駅の間くらいかな?

爽やかな風も心地いいです。そして到着。なんと!ビル街に囲まれている中、打って変わって京風なおもむきの黒塗りの建物でした。壁の掲示板には「70周年」と。「老舗なんだぁ」と思いながら中へ入りました。

中に入った瞬間、古き日本文化の空間が一気に広がしました。さらに2つのエリアに分かれていて、天ぷら専門エリアと懐石料理エリア。どうやら懐石料理は完全予約制らしいです。天ぷらエリアに向かいました。

通路の途中、中庭が現れて古風な空間をしばし見とれていました。「さっきまでのビル街の景色とは別世界のようだ」。

さらに進み引き戸を開け入ると、着物姿の仲居さんに案内して頂き奥へ。カウンター席の格式ある空間です。なんか落ち着きます。仲居さんにメニューと説明を伺い天ぷらのコース料理を注文。と、飲み物も勧められてノンアルコールビールを注文。

最初にモロヘイヤのお浸しが出てきました。歩いてきて少し暑かったので、さっぱりと涼を感じられたおいしさ。

天ぷらは、カウンター越しで一品ずつ揚げて提供して頂けるようです。実は、50代にして天ぷらを一つひとつ揚げながら提供してもらえるお店は初めてです。(笑)

おひたしを食べ終えると、天ぷらにつける塩とだし汁が出てきました。塩は3種類。仲居さんから塩の産地と名前の説明がありました。(ごめんなさい。長くて覚えていないです。 ^^; )

そうこうしている間に、最初の天ぷらが揚がりました!車エビと大葉。「美味しい!」衣の量がちょうどよく、サクッとしていて、その後のエビのプリっとした食感。「美味しい!」。塩も出すぎず、控えず天ぷらの食感と味付けをさらに盛り上げる演出をしてくれています!

料理人の方が食べ進めているタイミングを見はからって、次へと揚げていく心遣いも感じました。一品一品、丁寧に素材を大切に揚げていきます。

ウズラの卵、たけのこ、ほたるいか、そら豆、あなご、、、などなど全部で九種類のコースです。厳選した季節の食材の天ぷらで、どれも美味しいです!

画像は、多くなるのでまとめました(^^)

天ぷらが終わると、ふりかけをまぶしたごはん、味噌汁、お漬物が出てきました。「ごはんが美味しい!ごはんだけでもいける!」。と心の中でうなってしまいました(^^)。お味噌汁は優しい味です。

最後にデザートのゆず風味のシャーベットです。口あたりが爽やか!美味しい!最後の締めにちょうどいい甘未と量でした。

格式ある日本の伝統を重んじた職人技の味と空間に雅やかさを感じました。「極上のひと時を味わい尽くす。」今度来るときは、予約して懐石料理エリアにいこう!と、決めました☆

そして、完食!大満足でした☆

最寄り駅は、天満橋または谷町四丁目

大阪府大阪市中央区島町1-3-5

お店の公式ホームページがありました。コンセプトは、

「すべてのお客様へ極上のひとときを。お客様一人ひとりの特別な日、特別な時間に仲居、料理人ができること。それは、真心を尽くすこと。目に見えないことにこそこだわりたい。」

↓ ↓ ↓

大乃や | 洗練を極めた本格懐石
昭和26年創業 大阪・天満橋 本格会席 老舗の伝統に新しい味の息吹が今、咲き誇る

コメント

タイトルとURLをコピーしました