神戸牛鉄板焼「リオ大阪御堂筋店」鉄板ライブを視聴しながらのステーキランチで「フランべ」のワンシーンは圧巻!

淀屋橋駅周辺

2022年6月11日(土)週末の楽しみ!ひとりおじさまのちょっと贅沢グルメ。今日は、「お肉が食べたい!!!」と、お腹が大騒ぎするので(笑)肉料理のお店をターゲットにGoogle地図で検索。

大阪市中央区の東北エリアを攻めているので、淀屋橋エリアをまず検索。いくつか候補が出た中で、直感的に「ここ!」と決めました!なんかいつも雑な決め方(笑)でも、外れない直観力☆

今日行くことに決めたお店は、淀屋橋駅付近の「神戸牛鉄板焼 リオ 大阪御堂筋店」さん。オフィスビルの1階にあります。今日は午前中にメルマガの執筆をしたかったので、本町にあるスターバックスへ。執筆を終えて、開店時間の11:30に合わせて「神戸牛鉄板焼 リオ 大阪御堂筋店」さんに向かいました。

開店直後の丁度いい時間に到着。御堂筋沿いにあるビル、オービック御堂筋ビルの1階にありました。白基調のお洒落な外観です。

中に入ると楕円形状の鉄板と壁に高級感漂うお店のロゴ。食の空間にもこだわりを感じます。女性スタッフに鉄板カウンターの席にご案内して頂き着席。

店内は、落ち着いたデザインで、楕円形状の鉄板を囲むカウンター席とテーブル席があります。いつも通り突撃訪問(笑)ですが、予約の方が多そうです☆既に女性同士のお客さんが2組来ていました。女性客が多いのかな?

ワインセラーがあるので、夜はワインの愛好家がくるようです(^^)

メニューはランチとランチコースがいろいろあり、ランチステーキを注文しました。

奥から女性シェフがでてきて、典範に牛ステーキと野菜を置いて、鉄板ライブがスタート(笑)

野菜と牛ステーキを焼いている音と香りにお腹が「ぐう」と鳴ります。そして、女性シェフが、素敵な笑顔を向けにこやかに、「フランベしますね」と、声をかけてくれました。お!写真の準備やね(笑)

火をつけたと思ったら、火柱がボウッ!

焼いている音の聴覚、焼いている時に立ってきた香りで嗅覚を攻められていたら、とどめの炎柱が立つ視覚も攻められました!(笑)

立ち上る炎で香りをまとわせる「フランベ」は圧巻です!ランチでステーキの鉄板ライブが見れるのは贅沢ですね(^^)

サラダとご飯とお味噌汁が出てきました。いよいよ触覚と味覚が責められます(^^)

女性スタッフに手際よく、野菜とステーキが和風の器に盛られて出てきました!

まずはお味噌汁を。わぁ、ちょうどよい味噌加減で優しい味です☆

では、ステーキを。最初に塩コショウだけしたステーキを一口。「美味しい!」焼きたてステーキの肉汁が口の中に広がって、牛の旨味をしっかり堪能できます。肉の切り方かな?肉の繊維を感じなくて柔らかいです!

次に、にんにくが効いた焼き肉タレをつけてパクリ。「うあ!旨い!」にんにくの効いた醤油ダレが肉に絡みついて美味しい!ご飯と合う!

結局、最後までタレをつけてご飯と食べていました(笑)

そして完食!大満足でした☆

鉄板カウンターの奥に水槽があり、新鮮な魚介類の鉄板焼き楽しめそうなので、次回は魚介を楽しみたいと思います☆

最寄り駅は、淀屋橋
大阪府大阪市中央区平野町4-2-3 オービック御堂筋ビル 1F

公式ホームページがありました。コンセプトは、

立ち上る炎で香りをまとわせる「フランべ」は、まさに圧巻。海外でも抜群の知名度を誇る「神戸牛」、水槽から引き上げたばかりの活けアワビや車海老をはじめとする素材たちが、鉄板職人の鮮やかな匠技で逸品へと姿を変えます。大阪御堂筋店では、カウンター席は大きな弧を描く形になっており、どの席に座っても職人の手さばきを目の前で味わえます。カウンター個室もあり、 お祝いや記念日にはもちろん、 少人数での会合、ご接待などでもご利用いただけます。

↓ ↓ ↓

【公式】神戸牛 鉄板焼 リオ 大阪御堂筋店|神戸牛を贅沢に味わえる鉄板焼き -ダイナック
【倶楽部ダイナック ネット予約ポイント3倍キャンペーン】神戸牛 鉄板焼 リオ 大阪御堂筋店のページです。シンプルな調理だからこそ、素材の良さが問われる鉄板焼。厳選した神戸牛をはじめとする和牛、新鮮なシーフードと野菜を使い、お客様の目の前で焼き上げます。派手なパフォーマンスは控え、お客様との会話を大切にしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました