【ぶらり旅グルメ編】愛知県瀬戸市の道の駅「七福堂しなの店 瀬戸焼きそば」の新感覚に感激!

ぶらり旅グルメ-東海編

ぶらり旅グルメ編。2021年12月20日(月)からの2泊、愛知県瀬戸市から犬山市へ旅のスタート!グルメ以外にも、観光やその土地のいいところをご紹介!今回は、愛知県とちょっとだけ岐阜県(笑)の旅日記をお届けします!

まず愛知県瀬戸市に!車を持っている瀬戸市の親友と合流しました。瀬戸市の有名処へ連れて行ってもらうことに(^^)

瀬戸川饅頭 | Kawamurayagaei | Seto
川村屋賀栄 Kawamurayagaei 江戸時代末期、瀬戸で創業した和菓子屋「 川村屋賀栄 」のオンラインショップです。「川村屋賀栄」を代表する瀬戸川饅頭や季節の生菓子の情報、和菓子にまつわる歴史や文化、店舗の情報、 イベントのお知らせなどを随時更新しております。

まず、最初に地元では有名という、創業は江戸時代の老舗の和菓子屋さん「川村屋賀栄」にいって、車で小腹がすいたときに時にと、珍しい酒が入っている酒饅頭「瀬戸川饅頭」を購入。

米麹を発酵させて酒種を仕込んだ無添加の酒饅頭だそうです。あとで酒饅頭を食べた時、口の中にフワッとお酒の香りがして、餡も甘すぎず美味しかったです☆

北海道江別市のセンター施設「北海道立埋蔵文化財センター」 | 岩屋堂公園ホームページ(愛知県瀬戸市の国定公園)
名古屋市内から約1時間 愛知県瀬戸市の愛知高原国定公園 桜、天然プール、紅葉、瀬戸大滝など 四季を通じて自然を楽しめます。

その後、自然豊かな「愛知高原国定公園岩屋堂」に連れて行ってもらいました。閑散期もあり、静けさの中に川の音、滝の音が聞こえてきます。空気が澄んでいて美味しいです(^^)

滝の音が大きくなって、「瀬戸大滝」に到着です。

ひんやりとした空気の中、滝の覆いかぶさってくるような音に力強さを感じます。静かにお散歩するにはいい場所です☆

お土産に瀬戸物を買いに道の駅にも連れて行ってもらいました。さすが瀬戸の町!瀬戸焼がズラリ!たくさん道の駅の広いお店の中に並んでいます(^^)

お野菜や瀬戸の名物などの食材が豊富にあります。お土産の瀬戸物コーヒーカップを購入した後に駐車場へ向かう途中に食事ができるエリアがあります。その中に、「瀬戸焼きそば」とかいたのぼりがひときわ目立ちます(^^)お店の名前は、「七福堂しなの店」さん。

「瀬戸焼きそば」は、瀬戸市のB級グルメだそうです。なので、お昼は瀬戸焼きそばに決定!早速中に入ります。テーブルに着席すると、女性スタッフがお冷を持ってきてくれて、注文を聞きに来ました。

親友と一緒に瀬戸焼きそばを注文。麺は、蒸し麺を使用していて、味付けは、豚の煮汁や醤油ベースのタレを使用とのことで、いつも食べる様な焼きそばとはイメージがつきません。

親友との会話が弾む中、「瀬戸焼きそば」が来ました!

細麺です!まずは一口。「おお!新感覚で美味しい!」醤油ベースの豚の煮汁だからか、さっぱりしています☆一般的なこってり焼きそばとは違って、さっぱりした瀬戸焼きそばに感激です!

バクバク行けちゃう感じで、大盛でも良かったかな、とやや後悔(^.^)瀬戸市のB級グルメなどれないな(笑)と思いながら食べ進めます。

そして、完食!大満足でした☆

マヨネーズをかけて食べるパターンもあるようで、また来たいなぁと思いました☆

最寄り駅は、尾張瀬戸駅
愛知県瀬戸市品野町1-126
道の駅 瀬戸しなの隣接 品野陶磁器センター北隣り 「お車にてお越し下さい」
尾張瀬戸駅から2,432m

食べログに掲載中。お店のアピールです☆

「昭和レトロな雰囲気の中で、地元の名物料理やアレンジメニューを多数ご用意しております! こだわりの新商品“あ・・まん”の「あげまんキムチ」「あげまん肉みそ」もオススメ♪」

↓ ↓ ↓

七福堂 しなの店 (尾張瀬戸/焼きそば)
★★★☆☆3.15 ■★テイクアウトもネット予約や電話予約O.K! 【メニュー・料理ページ】からどうぞ♪ ■予算(夜):~¥999

旅の続きの記事は、こちら↓(^^)/

ぶらり旅グルメ-東海編麺類
スポンサーリンク
いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー
さのをフォローする
スポンサーリンク
大阪市中央区ひとりおじさまのちょっと贅沢なグルメ手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました