本格バリ・ジャワ島料理「Terang Bulan(テランブラン)」インドネシア料理ナシパダンの辛味と旨味の別世界に興奮!

谷町四丁目・六丁目駅周辺

2021年12月11日(土)週末の楽しみ!ひとりおじさまのちょっと贅沢グルメ。今日は、早朝の散歩中に通ったところにあったエスニック料理店が気になって、「今日のお昼はここにしよう!」と決めました。

午前中に自宅でメルマガの執筆を済ませて、11時15分ごろに出発。開店時間は11時30分なのでちょうどいい時間です(^^)自宅から近いのです(笑)そのバリ島・ジャワ島料理のお店が「Terang Bulan(テランブラン)」さんです☆で、到着!

朝、通った時はあまり入り口に飾りものが無かったのですが、開店時間は原色の傘が目立って、めちゃアピール感満載です(笑)

入り口から入ると、やや暗い、ドアまでの長い廊下を歩いていると何かに引き込まれる感じです。

ドアを開け、中に入ると別世界の空間が広がっていて、バリ島・ジャワ島?の現地の空間(行ったことないのでわからない(笑))。音楽や飾り物、飾っている絵などが独特です。

建物の中は吹き抜けになっていて、インドネシアのスタッフ?に、建物の中にある2階ぐらいの高さで、ベランダみたいな所に案内して頂き、テーブルに着席。

今日は土曜だからか、インドネシアのスタッフ(と思い込んでいる)から、本日の料理はアラカルトからか、バイキングのみ、とのことでテーブルにあったメニューの一番上を見て「ナシパダンはOK?」と聞いて、OKだったので注文。よくわからなかったけど、インドネシアでは、有名な料理のようでよかった☆

まわりを見渡すと、「本当にここは日本?」と思ってしまうほど、別世界の空間です。しばらく空間を楽しみました。そうこうしているうちに、女性スタッフがナシパダンを持ってきてくれました。

おお!エスニック系はワンプレートが多いというのは、これまでの知識でわかっていたのですが、けっこうボリュームありです(^^)女性スタッフ(日本人)が、ゆで卵にのっている辛子(見た目わさびのような)は「結構辛いですよ。」と、教えてくれました。ちょっとだけペロッと。辛っ!

ちょっとよけて(笑)いろんなおかずの中の手前、ナスの炒め物から一口。「美味しい!」素材の旨味と辛味、そして、まろやかさがバランスよく共存している!味わったことのない旨さ☆

こうなると、どんどんスプーンが進みます。牛、鶏などの肉をそれぞれ特徴のある味付けでご飯に絡めて食べると美味しい(^^)

旨い!辛い!の繰り返し(^^)。絶妙のタイミングで、女性スタッフが、お水の継ぎ足しにきてくれて、「辛さは大丈夫ですか?」と聞かれて、辛いのだけれども「大丈夫です!」と返答(笑)。

気が付けば汗が(^^;)。でも美味しい。不思議な感じです。辛いのに、後から来る旨味に、食がどんどん進む。最後のご飯をスプーンですくってパクリ!

完食!大満足でした☆

エスニック系は初めてでしたが、はまりました(笑)今度来るときは、メニューにあったスープ系もいってみたいなぁと思ってしまいました☆話題性もありそうです(^^)

最寄り駅は、谷町四丁目
大阪府大阪市中央区徳井町2-2-10 ARK MINE 1F

公式ホームページがありました。コンセプトは、

「細い入口から一歩中へ入ると、そこはまるでバリ島!!!5mある吹き抜けの店内は、開放感があり、バリ島の楽器リンディックの音色が流れていま- す。南国のようなのんびりした時間を、お過ごしいただけます。」

↓ ↓ ↓

Terang Bulan - Masakan Indonesia

コメント

タイトルとURLをコピーしました